森林浴ルーム

森林浴ルームでタイピングしてみた

博士博士~!
森林浴ルームの中で集中できるって本当だか?
ウッディ気になる!!

やあウッディ。
それはとてもいい質問だね!
じゃあ実際に森林浴ルームに入って実験をしてみよう!

そんなわけで…
”タイピング”が
早くできるのか
実験してみた。

森林浴ルームに入っているときと入っていないときの集中力には差があるのか。

森林浴ルームに入り、1000文字以上のタイピングを行う。出来た時間と血圧や脈を測りその差を見る。

得意分野?!で勝負。

今回実験に選んだ「タイピング」
これには、ちょっとわけがあった。
パソコンのタイピングのスピードの検定で、与えられた文章を10分間で1000文字以上打つと1級が取れる資格を高校時代に実験者Iがとったことがあるというごく単純な理由である。
森林浴ルームの中でいくつか実験をしようと思った時に、まず思いついたのはこの実験だった。
少し自信のあるものなら、いい結果が出しやすい・・・はず!
という、本当に浅はかな気持ちで実験に挑んだ。

実験の内容

実験の詳細は下記の通りだ。
 【外】
1.血圧、脈を測る。
2.10分間のタイピング。
3.血圧、脈を測る。
 【森林浴ルーム】
4.血圧、脈を測る。
5.10分間のタイピング。
6.血圧、脈を測る。

これを1セットとして、3セット行い、1000文字打ちきった時間を結果とすることにした。
文章は過去の検定の文章をネットから印刷させてもらい、実験に使用、あらかじめ1000文字のところで線を引いておいて準備は終了した。

たまたま1000文字ぴったりの所で線がひけました。

意気込みながら、実験開始。

一回目は森林浴ルームのすぐ近くの机で開始。
苦手ではない事もあり、すんなりと打ち終わって、9:08。

これは、森林浴ルームの中でもうまくいくかも。
とはりきって、パソコンと一緒に森林浴ルームの中に入る。

そう、パソコンは一つしか借りれなかったので、この実験は、常にパソコンと一緒に移動しながら行いました。笑

しかし、結果は。
9:46。
意気込んでいたため、なんともショックが大きい。



そして、実はその後も結果としてはなんとも良くない結果となってしまった。

その結果がこちら。
まずは外でやった実験結果から。

【外】

血圧時間
一回目 前100/5986
一回目 後102/69839:08
二回目 前 92/6680
二回目 後 95/50789:20
三回目 前 98/6875
三回目 後101/627510:17

最短は9:08。
一番初めに行ったタイピングでの結果が一番いいものとなった。

そして、下が森林浴ルームの結果である。

【森林浴ルーム】

血圧時間
一回目 前108/6871
一回目 後105/76719:46
二回目 前 101/6577
二回目 後 109/67759:42
三回目 前 96/6075
三回目 後103/637710:25

この結果をみてもらって分かる通り、森林浴ルームより外でタイピングした方が3回ともいい結果となった。
自分でストップウォッチを押すので、結果もすぐみえて、あせる気持ちは凄くあったのにも関わらず、森林浴ルームでの方が脈は安定していて、すごく謎ではあるが、今回は本当に残念な結果になってしまった。

自分の得意だと思っていたということもあるので、もう一度これに懲りず挑戦してみたいと思う。